Home > 告知 | 最新情報 > 10/1(水) 裂織といきる@与謝野町

10/1(水) 裂織といきる@与謝野町

 

 

 

山からシカの鳴き声がよく聞こえるようになりました。今日も丹後は秋晴れで気持い良いです、暮らしをつくる繕う教室vol.7のご案内です
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
10月1日(水)「裂織(さきおり)と生きる」@与謝野町
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
良質な水と適度な湿気 ちりめん産地として栄えて約三〇〇年
丹後の暮らしの中には織りがある
「機(はた)に座るとおもしろいわな」
「織り手のエネルギーが入るんだわ」
使わなくなった着物から織り上がる布

手織りの楽しさに魅せられた楠さん、倉橋さんの工房を訪ねて、裂織への想いを伺い、織りからつながる地域の新たな産業づくりに向けた意見交流を行います。

【日時】2014年10月1日(水) 13:00 – 17:00
【集合場所】絹の工房 糸車 (クスカ株式会社内) 京都府与謝野町岩屋384-1 ☎0772(42)4045
【行程】
1部 13:00~15:00
楠八千代さんの工房にお邪魔します。裂織について教えていただき、作品を見ながら今後の可能性について意見交流を行います。
会場 : 絹の工房 糸車 (クスカ株式会社内)京都府与謝野町岩屋384-1 ☎0772(42)4045

2部 15:30~17:00
倉橋改江さんの工房にお邪魔します。裂織にこめる想いを聞いたり、作品を見ながら今後の可能性について意見交流を行います。
会場 : 倉橋家の工房 京都府与謝野町三河内863-3☎0772(43)1404
【料金 】 500円
【定員】  8名
【申込締切】 2014年9月28日(日)
【対象】 裂織を生かした新たな産業づくりに関心のある方、裂織を活かして事業や活動を広げたいと思っている方、モノづくりをされている方、楠さん、倉橋さんとつながりたいと思っている方、ちりめんを使った裂織に関心のある方歓迎
【お問合せ】宮津町家再生ネットワーク 担当:小山 ☎ 090-5978-8315  メール miyazu.machiya@gmail.com

Home > 告知 | 最新情報 > 10/1(水) 裂織といきる@与謝野町

株式会社宮津町家再生ネットワーク
株式会社宮津町家再生ネットワークは、継続的な町家の再生と活用を推進する仕組みをつくり、丹後ならではの暮らしを創造できるまちづくりを展開していきたいと考えています。
〒626-0008
京都府宮津市字万年1番地
TEL 0772-21-7270 (事務所)
TEL 0772-21-1047 (nagaya cafe 桜山)
検索
購読フィード
メタ情報

Return to page top